子育ての費用はどれくらい?平均と項目別まとめ

赤ちゃんができたらまず調べなければいけないこと、それは子育てにはどれくらいのお金が必要になるのか、ということですよね。

当然子供を育てていくためには多額のお金が必要になるわけですし、それによってライフプランも大きく変わってくると思いますが、まだ子供が生まれていない夫婦は細かい数字まで知らないことがほとんどだと思います。

そこでこの記事では、そもそも子育て費用には何が含まれるのか、そして実際に子育てにかかる具体的な金額などをまとめていきます。

子育て費用とは何か?

まず子育て費用とは何かということを説明していきたいと思いますが、一般的に子育て費用とは

教育費と養育費の合計

だと言われています。

 

教育費はイメージしやすいですよね。

学校や塾、家庭教師や習い事などはこれに含まれます。

あとで詳しく解説しますが、公立か私立かなど、子供が選ぶ進路によってかなり金額が変わってきます。

 

そして養育費ですが、簡単に言えば教育費以外の全てのもの。

食費や衣料費を始め、生活必需品やお小遣いなどもこちらに含まれますが、こちらもやはり家庭によって大きく差があります。

 

ただどれだけ節約してもかなりの金額がかかってくるのが現実…。

あくまで一般的な基準ではありますが、次にもっと詳しく、何にどれくらいのお金が必要になってくるのかを説明します!

 

教育費でかかる金額は?

まずは教育費にかかる金額を紹介していきます。

それぞれ公立と私立でかなり違ってくるので、一つの目安にしてみてください。

 

幼稚園

  • 公立:約70万円
  • 私立:約145万円

まずは幼稚園から。

3年保育だとすると公立で大体70万円、私立だとその2倍ほどかかります。

ただ私立の方がイベントなどが多い傾向にあり、音楽や英語などの教養も幅広く教えてくれるところが多いです。

 

小学校

  • 公立:約193万円
  • 私立:約917万円

通う期間が6年間と長いこともあって、公立・私立の費用の差が格段に違うのが小学校。

それもあって小学校から私立に通わせる親はまだそう多くいないですが、やはり私立は施設も整っていますし、内部進学できる学校も多いですね。

 

中学校

  • 公立:約144万円
  • 私立:約398万円

中・高・大と一貫校なども多くなってくる中学校。

この頃になると私立受験をさせる家庭も多くなってきますよね。

しかし中学校でも公立と私立とでは必要な費用に3倍近い差があります。

高校

  • 公立:約135万円
  • 私立:約312万円

高校にもなると私立に通わせる親もかなり増えてきますよね。

滑り止めとして受験する人も多いですし、本気で部活をやっている場合なんかはより充実した施設がある私立に入学する子供もいるでしょう。

野球やサッカーなどのメジャースポーツの推薦も多いですし、マイナースポーツの専用施設・グラウンドがある学校も多いので確かに魅力的です。

 

大学・短大

  • 国公立大学:約516万円
  • 文系私立大学:688万円
  • 理系私立大学:803万円
  • 短大:約381万円

一般的に公立と私立で差があまりないのが大学ですね。(あくまで他に比べてですが)

さらに少し意外だと思うのが、国公立と文系私立より、文系私立と理系私立の方が差が大きいということ。

もちろんそれぞれの大学にもよりますし、私立の医学部にでも通わせようものなら学費は数千万円と跳ね上がります。

 

学習塾

小学生(公立) 5万2,000円
小学生(私立) 21万4,000円
中学生(公立) 20万5,000円
中学生(私立) 13万5,000円
高校(公立) 9万5,000円
高校(私立) 14万2,000円

※平均年間費用

 

次に学習塾に関してですが、各家庭が平均的に塾にかけている費用は表の通り。(塾に通わせていない家庭も含んでいます)

中学生の時のみ例外となっていますが、やはり塾でも私立に通わせている家庭の方がお金をかけていますね。

ちなみにこちらの表は小学生なら6年間、中学・高校は3年間の平均費用を記載していますが、どれも受験を控える最終学年では学費がかなり高くなります。

 

家庭教師

小学生(公立) 1万6,000円
小学生(私立) 3万5,000円
中学生(公立) 2万1,000円
中学生(私立) 2万7,000円
高校(公立) 1万3,000円
高校(私立) 1万9,000円

※平均年間費用

 

次に家庭教師にかかる平均費用はこちら。

やはり家庭教師を雇うよりは学習塾に通わせる家庭の方が断然多いので、平均金額はそれほど高くありません。

個人契約か派遣センターか、先生の学歴なんかでも料金がかなり変わってきますね。

養育費でかかる金額は?

出産・育児費:約91万円

出産や育児に関して基本的にかかってくる費用は約91万円。

ただこれに関して注意しておきたいのは、出産前後や入学・卒業などの節目ですね。

 

生活費に限った話ではありませんが、そのような特別な時期にはやはり出費がかさみます。

ある程度まとまったお金も必要になってくると思うので、先々のことまで想定して貯蓄しておかなければなりません。

 

食費:約671万円

食費でかかるのはおよそ671万円と言われています。

基本的な朝昼晩の3食はもちろん、外食費などもバカにできませんよね。

こうやってまとめてみてみると、日頃の節約がどれほど重要かわかってきます。

 

衣料費:約141万円

衣類全般にかかる費用は141万円ほど。

特に子供が小さいうちは成長も早くすぐ服を買い換えなければならないと思いますし、入学などの際には制服や体操服なども一式揃えないといけませんよね。

また思春期に入って身だしなみを意識するようになると、女の子なんかはオシャレに費やすお金も増えてくると思います。

 

医療費:35万円

何らかのトラブルが起きた時のための医療費も考えておかなければなりません。

小さいうちはまだまだ免疫が弱いですし、アレルギーなどで定期的に通院する必要がある子供も多いと思います。

もちろんある程度体が成長してきた後もちょっとした病気なんかはたまにかかると思いますし、万が一の事故や大病にも備えておきたいです。

 

お小遣い・娯楽・レジャー費:約544万円

最後に、実はかなりの額となるのがおもちゃ・ゲーム・お小遣いなどの出費。

これは家庭によって大きく差があると思いますが、子育て費用のうちでもかなりの割合を占めることになると思います。

 

そんな中でも常に頭に入れておきたいのは定期的なイベント。

誕生日やクリスマスにはほとんどの家庭でプレゼントをあげることになるでしょうし、入学・卒業祝いにも記念品を贈ってあげたいものです。

 

また旅行やレジャーが好きという親も多いですよね。

子供に色々な体験をさせてあげることはとても大切ですが、交通費や宿泊費、その他の施設利用料なども大きな出費です。

まとめ

これまで細かい出費を項目別にまとめてきましたが、例え子供が全て公立校に通ったとしても、それらを合計すると最低でもおよそ3,000万円くらいにはなります。

私立の学校に行かせたり、贅沢をさせようとするともっとかかってきますね。

 

もちろんこの額は子供一人当たりの子育て費用。

少子化が深刻化している日本ですが、そうはいってもポンポン子供を産めるほどその負担は少なくないです。

 

ちなみに日本人の平均年収は約400万円だと言われていますが、富裕層とそうでない人との間に大きな格差があるのが現実。

実際に1年で400万円を稼いでいる人が半分もいるはずがありません。

となると共働きやパートをする必要もありますし、そもそも安易に子供を作っていいかもよく考えなければいけませんね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です