子供が寝ない原因と対処法を紹介!寝つきの悪さはこれで解決

「子供がなかなか眠ってくれない…」

小さい子供を抱える親なら誰もが持つ悩みですよね。

 

もともとスムーズに眠ってくれる子供ならこちらも楽なのですが、なかなかそうもいかないのが現実。

大体の子供はなかなか寝付いてくれなかったり、夜中に突然泣き出したリするのが普通だと思います。

 

ただそうは言っても、子供のためにも自分のためにも、やはり就寝時間にはパッと寝れくれるのがベスト。

そこでこの記事では子供がなかなか寝てくれない原因とその対処法を解説していきます!

理想の睡眠時間と就寝時間とは?

子供の寝つきの悪さの原因と対処法の前に、まずは理想の睡眠時間と就寝時間を年齢別に解説していきます!

 

理想の睡眠時間

0〜3ヶ月:14〜17時間

まだ生まれたばかりのこの時期、1日のうちかなりの時間を睡眠に当てる必要があるのですが、この時期はまだ生活リズムが安定していません。

眠っていたとしても浅い時が多く、多くの親が夜泣きに悩まされることでしょう。

なので苦労する時も頻繁にあると思いますが、ここはどうしても我慢が必要になってきます。

 

4〜11ヶ月:12〜15時間

ある程度生活リズムが安定してくるこの時期。

とは言ってもまだまだ多くの睡眠時間が必要ではあるのですが、起きている時間の工夫次第では寝つきの悪さを改善することも可能。

具体的な方法は後で解説するので、積極的に行っていきましょう。

 

1〜2歳:11〜14時間

1〜2歳にもなるとますます生活リズムが安定してきます。

また1歳にもなると、中にはすっかり歩き出している子供も多くなってきますよね。

ただ遊びたがりで昼寝を嫌がるケースも出てくると思うので、しっかりと親が管理してあげましょう。

 

3〜5歳:10〜13時間

そろそろ喋り始める子供も出てくる3歳ごろ。

同時に物心もついてきて、また違って意味で子育てに苦労するようになるでしょう。

 

しかしこの時期でもまだまだ昼寝は必要ですし、夜もしっかり睡眠を取る必要があります。

遊ぶ時間と寝る時間をできるだけ明確に分けて、睡眠不足に陥らないようにしてあげましょう。

 

6〜12歳:8〜11時間

小学校に入る6歳からの時期。

本格的に勉強も始まることに加えて、最近ではゲームをしたり、スマホでYouTubeを見たりとついつい夜更かしをしてしまいまがちですよね。

 

とはいえ、学校が始まる時間は決まっているので基本的に起きる時間は毎日同じ。

どうしても睡眠時間が削られてしまうのですが、それでも理想の睡眠時間は8時間以上です。

娯楽物は制限を設けるなどで管理をし、確実に睡眠時間を保ってあげましょう。

 

理想の就寝時間

次に理想の就寝時間ですが、本当に小さいうちはいくらでも寝かせてあげることになると思うので、特に気をつけていきたいのは3歳くらいからですね。

 

ただ小学校高学年くらいにもなると塾や習い事も増えて現実的に難しくなってくると思うのですが、やはり理想的な就寝時間は午後9時。

遅くても10時までには寝かしつけてあげたいものです。

 

昔からよく言われている「良い子は9時に寝る」という言葉ですが、実際それは大正解。

現代っ子には少し辛いと思うのですが、いわゆるゴールデンタイムと呼ばれる午後10〜午前2時が最も成長ホルモンが分泌されることになるので、可能な限りその時間帯はしっかりと寝かしつけてあげたいですね。

十分な睡眠が確保できないとどうなる?

理想の睡眠時間と就寝時間は今説明した通りですが、十分な睡眠が確保できないとどうなってしまうのでしょうか?

子供の将来のため、と言って遅くまで勉強させる親も少なくないと思いますが、睡眠不足が引き起こす危険性を改めて紹介します。

 

学力・集中力低下

睡眠時間が足りないということは、身体だけでなく頭も回復できていないということ。

昼間起きている時間の脳の働きが鈍り、せっかく詰め込んだ知識が蓄積されないなんてことも十分考えられます。

なのでいくら親が勉強させようとしても、そもそも集中できずに効果が薄まってしまうんですね。

 

成長の遅れ

「寝る子は育つ」という言葉通り、子供がすくすくと育っていくためには寝ている時間に分泌される成長ホルモンが必要不可欠。

睡眠不足に陥ると当然その分泌量が減少してしまうので、直接的に成長の遅れに繋がります。

特に成長ホルモンが最も活発に分泌されるゴールデンタイム(22〜2時)にはしっかりと睡眠を取らせるようにしましょう。

 

イライラしやすくなる

人体には交感神経と副交感神経という二つの自律神経が存在しますが、寝ている時間が短いと、起きている最中に働く交感神経の時間が多くなってしまいますよね。

交感神経は体温・脈拍・血圧などをコントロールするという大切な役割があるのですが、それが休まらないとノルアドレナリンが過剰に分泌され興奮状態に陥る、つまりイライラしやすくなるという症状が現れます。

そうなると感情的・衝動的な行為が多くなってしまうので、絶対に避けたいところです。

 

肥満の原因にも

意外に知られていないのが肥満につながる恐れがあるということ。

 

この原因はいくつかあるのですが、例えば

  • 寝ている最中の脂肪分解時間の減少
  • 交感神経の活動による、インスリン抵抗性の増大
  • 上手く働かない脳がエネルギーを欲することによる食べ過ぎ

などが挙げられますね。

 

徐々に増大してきている肥満児率。

その原因の一つは意外にも睡眠不足にあるのです。

 

睡眠障害

最後に気をつけていただきたいのが睡眠障害です。

これに関しては様々な症状が当てはまるのですが、例えば夜中に何度も目をさますようになるということ。

生活がさらに不規則になり、悪循環を引き起こします。

 

またおねしょが治らないなんてケースもありますね。

だいたい5歳くらいまでならおねしょなんて当たり前のことですが、それ以降も治らないとなると少し心配です。

おねしょは子供自身にもプレッシャーになると思うので、ストレスの原因にもなります。

子供が寝つかない原因と対処法

それでは次に睡眠不足や寝つきが悪い原因と、それぞれの対処法を紹介していきます!

夜子供がなかなか寝てくれなくて困っている場合は大抵どれかが原因になっていると思いますし、また特に悩んでいなくても何かしら当てはまっている項目があると思うので、一つ一つチェックしてみてください。

 

運動不足

まず寝つきが悪い原因として多いのが運動不足です。

昼間外で目一杯遊べば、疲れ果てて自然と夜眠ってしまうものですが、逆にエネルギーが余っているとなかなか寝ついてくれません。

また最近はスマホやタブレットを使いこなす子供も増えていますが、それによって運動する機会が減少している傾向にあります。

 

解決方法は?

やはり外で遊ばせるのが一番ですね。

幼稚園などに通わせている子供は先生がしっかり遊ばせてくれると思いますが、そうであっても週末などはできるだけ親が外に連れ出してあげるといいでしょう。

公園やグラウンドなど、お決まりの遊び場を近所に見つけれるとベストですね。

 

夕飯・入浴の時間が遅い

夕飯や入浴の時間が遅いと、それだけ就寝時間も遅くなり、睡眠時間も削られてしまいます。

大人も同じですが、ご飯を食べてお風呂に入った後、すぐベッドに入るのはなかなか難しいですよね。

なので夕飯・入浴の時間が遅れることは睡眠時間の現象に直結します。

 

解決方法は?

やはり夕飯・入浴時間そのものを早めてあげるといいです。

いくら睡眠が大事だからといっても家族だんらんの時間はあまり削りたくないと思うので、先にご飯とお風呂を済ませてリラックス。

家族でゆったりとした時間を過ごしているうちに、子供も自然も眠たくなってくるでしょう。

 

昼寝の時間が長すぎる

小さいうちはできるだけたくさん睡眠をとったほうが良い、とは言っても、昼寝があまりに長すぎると夜寝れなくなってしまう場合はもちろんあります。

また昼寝が長いということは逆に遊ぶ時間が減ってしまうということ。

すくすくと成長していくためには運動と睡眠の両方が必要のなってくるので、どちらかをおろそかにしてもいけません。

 

解決方法は?

やはり昼寝の時間をセーブしてあげるのが理想ですね。

ちなみに子供に最適な昼寝の時間はおよそ1時間ほどで、保育園でも大体そのくらいの時間を確保していると思います。

それ以上昼寝してしまうと、元気いっぱいになりすぎて夜遅くまで眠れないということになってしまいます。

 

就寝前のスマホ・タブレット・ゲーム

最近は驚くことに小さい子供でも平然とスマホを使いこなしていたりしますよね。

もちろんそれ自体は決して悪いことではないのですが、夜間、特に寝る直前のスマホやゲームは控えさせるようにしましょう。

 

テレビも含まれるのですが、スマホやゲーム機などの液晶から放出される光を見ると興奮してしまい、目が覚めてしまいます。

大人にも同じことが言えるのですが、寝る前に好きにスマホやゲームを使わせているとついつい夜更かししてしまい、睡眠不足の原因になりがちです。

 

解決方法は?

スマホやゲームをやっていい時間帯を制限してあげると効果的ですね。

例えば「夜8時以降はゲーム禁止」というように。

 

また1日の使用時間も同時に決めてあげるといいと思います。

そうすることで必然的に外で遊ぶ時間も増えると思いますし、逆に好き勝手させていると家にこもりがちになってしまいます。

ママ・パパが音を立てる

親がうるさくて子供が寝られないというケースも決して少なくないです。

確かに子供がベッドに入った後は親にとって貴重なフリータイムですが、ついついはしゃぎすぎて子供の睡眠の邪魔にならないようにしましょう。

 

部屋がいくつもある広い家ならともかく、全ての家がそうというわけにはいきませんよね。

仕事で帰りが遅くなってしまう人もいると思いますが、できるだけ物音を立てないように意識してあげてください。

 

解決方法は?

できることなら親も一緒に寝てしまうのがベストですね。

現代人が子供と同じような時間に寝るのはなかなか難しいと思いますが、十分な睡眠をとったほうがいいのは大人も同じ。

子供ができたことを機に、早寝早起きを始めてみてはいかがでしょうか?

 

寂しい・怖い

まだ精神的に安定していない幼少期、ちょっとしたことがきっかけで寂しさや怖さを感じることもよくあると思います。

例えば何気無く見ていたホラー番組が、子供にとってはかなりのトラウマになってしまったりすることもしばしば…。

刺激的な内容のもの、特に寝る前は絶対に控えて、リラックスした状態でベッドに入ってもらいましょう。

 

解決方法は?

子供が安心して眠りにつくには、やはり親が寝かしつけてあげるのが一番ですね。

絵本を読むのも良し、子守唄を聞かせるのも良し、優しくさすってあげるのも良し、です。

そのような手法は様々だと思いますが、何か毎日寝る前の習慣を身につけてあげると効果的です。

 

生活リズムが不規則

生活リズムが不規則であるということも睡眠不足の原因になります。

起きる時間、食事やお風呂の時間、寝る時間など、その日その日でバラつきがあると早寝早起きの習慣も身につきにくいです。

当然体調や気分も悪くなりがちですし、保育園や幼稚園に行きたくないとぐずったりすることも多くなってしまいます。

 

解決方法は?

やはりこれも親が管理してあげることも最も効果的な解決方法。

起床、遊び、昼寝、食事、入浴、就寝など、堅っ苦しいようですができるだけ細かく決めてあげたほうがいいですね。

 

また地味に大切なのがトイレ。

トイレを寝る前に済ませておくことで、夜中に起きてしまったり、おねしょをしてしまう確率が減少します。

 

まとめ

子供の睡眠に関して色々まとめてきましたが、いかがでしたでしょうか?

子供の睡眠不足やなかなか寝てくれない原因は様々ですが、その解決策として多くに共通するのが親がきちんと管理・寄り添ってあげるということ。

 

睡眠に限った話ではありませんが、子供はまだまだ自分自身をコントロールすることができませんし、間違った生活習慣による影響も大きいです。

親がうるさく言うと嫌がる子供も多いと思いますが、こちらが引いて甘やかしてしまうことは絶対に子供のためになりません。

 

もちろんやりすぎは良くありませんし子育てに割ける時間には限りがあると思いますが、子供が健やかに育って行くために、まずはママ・パパも成長していきましょう!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です